悲しいもの

親子であれ他人であれ、誰かに支配された生き方と言うのは悲しいものです。
その支配に苦しみながら異国の地で生涯を閉じざる得なかった

嵯峨三智子さんの魂の平安を改めて強く願います。 遺骨を受け取らなった母親の心情は、実際には娘の死を受け入れることができなかったのではないかと、 部分痩せ ウエスト感じました。哀しいなどという言葉では表せないくらい、女優に徹されていたのかとも。母娘の魂が彼岸で安らかにあれ。そう祈らずにはいられません。
男女を問わず役者と言う職を生業にされてる人達には、案外生き方の不器用な方が多く見られますが、特に大や名と言う冠がつく人ほどさその傾向は強いように思えます。
私生活の全てを切り捨てても、大女優と言う役柄を演じ続けると言う生き方しかできなかったんでしょうね。琉球(沖縄)の日本からの独立を憂う反日脳なユーザー諸氏は、日頃は沖縄を見下し蔑み嘲っているくせに、ちらとでも独立の声が聞こえると【沖縄が 独立したら、速攻で中国が侵攻してきて沖縄は中国領になってしまうアルよ(>_<)】と怯えた声を上げるんですよね(苦笑)