アンドロゲン

消化器科で診てもらう急性腸炎は、大抵は腹痛・悪心・腹下しに見舞われる程度ですがバイ菌の感染による急性腸炎の場合は強烈な腹痛・幾度も繰り返す嘔吐・止まらない下痢とともに38℃以上の高熱も出るのが通例です。
男性だけにある前立腺は生育や活動にアンドロゲン(雄性ホルモン)がとても密に関わっており、前立腺に発現してしまったがんも同じく、アンドロゲン、即ち男性ホルモンの働きを受けて大きくなります。
素材がグラスファイバーのギプスは、丈夫で軽量で持ちが良く、濡れてしまってもふやけずに使えるという特長があり、いまの日本のギプスの人気製品となるまでに浸透しました。
脂漏性皮膚炎は皮脂分泌の異常が原因で引き起こされる発疹・発赤で、分泌がおかしくなる誘因としては男性ホルモンと女性ホルモンの均衡の崩れやナイアシンなどビタミンB複合体の慢性的な欠乏などが大きいと言われています。
3つのアミノ酸からできているグルタチオンには、細胞の機能を悪くしたり突然変異を誘発する有害な物質を身体の内部で解毒し、肝機能を促進するような力が分かっています。
世間では水虫といえば足を思いつき、こと足の裏に現れる病気だと思われていますが、白癬菌が感染する部位は足だけではないので、体のありとあらゆる部位にかかってしまう恐れがあるので注意してください。
ハーバード大学医学校(HMS)の研究によれば、一般的なコーヒーと比較して1日あたり2〜3カップのカフェインレスのコーヒーに変えると、直腸癌の発症率を半分以上も減少させることができたとのことだ。
鍼灸のはりを痛みの発生源に刺す、という直接的な無数の刺激が、神経細胞の活動を促し、神経インパルスという名前のいわば電気信号の伝達を発起させるという見解が一般的です。
ジェネリック医薬品(generic drug)というものは新薬の特許が失効してしまった後に販売され、まったく同一の成分で金銭的な負荷が小さい(金額の高価ではない)後発医薬品のことで、広く知られるようになりました。
PC使用時の光のちらつきを低減させる効果のあるレンズの付いたメガネが現在人気を博しているのは、疲れ目の対策法にたくさんの人々が四苦八苦しているからだと思っています。
流感、即ちインフルエンザに適応している予防法や病院での手当というような必然的な措置は、それが例え季節性のインフルエンザであっても新型インフルエンザでも一緒なのです。
スギの木の花粉が飛ぶ1月から4月の時期に、お子さんたちが体温は平常なのにくしゃみを連発したりサラサラした鼻みずが止まってくれない症状なら、残念ながら杉花粉症の恐れがあるかもしれません。
学校や幼稚園等の大勢での集団生活をするに当たって、花粉症が主因でクラスメイトと同時にめいっぱい走り回れないのは、患者である子どもにとっても残念なことです。
体を動かすのに必要なエネルギー源としてすぐに役立つ糖分、細胞の生まれ変わりに絶対欠かせないタンパク質など、行き過ぎたダイエットではこの体調をキープするために絶対必要な栄養素までも欠乏させる。
悪性の卵巣腫瘍である女性の卵巣がんは、普通ならば人間の身体を癌にさせない役目を果たす物質を製造するための型ともいえる遺伝子の異常が原因で発生してしまう病気だということが分かっています。