背骨

患者数が増加しているうつ病は副交感神経が優位になると脳内で分泌される神経伝達物質の「セロトニン」が足りなくなった結果、憂うつ、数時間しか眠れない不眠、著しい倦怠感、疲労感、食欲低下、体重の減少、焦り、顕著な意欲の低下、そして重症になると自殺企図等の危険な症状が心身に現れるのです。
虚血性心疾患の一つである狭心症の外科的な施術としては大体「大動脈内バルーンパンピング」もしくはグラフトを用いる「冠動脈バイパス手術」という2つの異なる施術が頻繁に使用されています。
ヘルニアとは正しくは「椎間板ヘルニア」と呼ばれ、背骨と背骨の間でクッションに近い働きをしている椎間板(ついかんばん)という名前のやわらかい円形の組織が突き出た症状の事を指しているのです。
長年使用されてきた生ワクチンに代わる新しい手段として、平成24年9月よりになることによって、集団接種ではなく小児科などで注射してもらう個別接種の形に変更されています。
塩分と脂肪の大量摂取はやめて無理しない程度の運動に尽力するだけでなく、ストレスを感じすぎないような毎日を心がけることが狭心症の主因となる動脈硬化を事前に防ぐコツなのです。
子どもの耳管は、大人のそれに比べて幅が広くて短い形状で、且つ水平に近いため、様々なばい菌が入りやすいのです。小さな子どもが急性中耳炎を発病しやすいのは、この構造が関係しています。
不快な耳鳴りには当事者にしか聞こえないと言われる「自覚的耳鳴り」と、血液が流れる音のように本人と他の人にも高性能のマイクロホンなどを使うと聞くことができるらしい「他覚的耳鳴り」があります。
うす暗い場所では光量不足によりものが見辛くなりますが、更に瞳孔が開くので、眼球のピントを合わせるのに多くの力がかかり、光の入る所でモノを見るよりも疲れやすいです。
陰金田虫(いんきんたむし)は20〜30代の比較的若い男性に多く確認されており、大抵の場合は股間の辺りにのみ拡大し、走ったり、お風呂上りなど身体が温まった時に強烈なかゆみが訪れます。
自動体外式除細動器(AED)というものは医療資格を保有しない普通の人にも使用する事のできる医療機器で、機器から発せられる音声ガイダンスに従って処置することで、心臓が細かく震える心室細動に対しての絶大な治療効果を発揮してくれます。
HMSの調べによれば、一般的なコーヒーと比較して1日あたり2カップ以上はデカフェコーヒーを代用することで、なんと直腸がんの罹患率を半分以上も減少させることができたそうだ。
細菌やウィルスなどの病気を招く微生物、すなわち病原体が口から肺の中へ入り込み発症してしまい、肺自体が炎症反応を呈示した病状を「肺炎」と断定しています。
不整脈の中でも期外収縮は、特に病気ではなくても発生することがあるためさほど難しい重病ではないにしても、同じような発作が立て続けに起こるケースは危険です。
BMI(体格指数)の計算式はどの国にも共通していますが、数値の評価基準は国ごとに違いがあって、日本肥満学会(JAPAN SOCIETY FOR THE STUDY OF OBESITY)ではBMI22を標準、25以上だと肥満、18.5未満の場合だと低体重と定義しています。
HIV(ヒト免疫不全ウイルス)を含んだ血液や精液の他、女性の母乳、腟分泌液等の様々な体液が、交渉相手や乳飲み子などの傷口や粘膜部分などに接触することにより、HIVに感染する危険性が大きくなってきます。