マイクロホン

クモ膜下出血は9割弱が「脳動脈瘤」と呼ばれる脳の血管にできた不要な瘤(コブ)が破裂して脳内出血する事が要因となってなってしまう恐ろしい病気だと多くの人が知っています。
脂溶性のビタミンDは、Caが体に吸収されるのを促すという働きが特に有名で、血液中のCa濃度を操り、筋肉の機能を微調整したり、骨を生成したりしてくれます
耳鳴りには種類があって、当事者にしか感じられないという「自覚的耳鳴り」と、血液が流れる音のように当事者だけでなく他の人にも高性能のマイクロホンを利用してみると響いてくるという部類の「他覚的耳鳴り」があります。
ストレスがかかり、蓄積していく経過や便利なストレスを緩和する方法など、ストレスにまつわる深い知識を保持している人は、さほど多くはありません。
今時の病院のオペ室には、お手洗いや器械室(apparatus room )、準備室を備え、手術中に撮影するためのX線装置を付けるか、そうでなければ近辺にX線用の専門室を付属させるのが慣例である。
ものを食べるという行為は、次に食べたい物をなんとなく口に入れて20回前後噛んで飲み下すだけだが、それから人体は本当に健気に活動し続けて異物を体に取り入れる努力をしているのだ。
AEDとは医療資格を有しない普通の人でも扱える医療機器で、機器本体からの音声ガイダンスの手順に応じて使うことで、心臓が細かく震える心室細動に対する治療の効果を患者にもたらします。
スギの花粉が飛散する頃に、お子さんたちが体温は普通なのにクシャミや水のような鼻みずが止まってくれない状態だったなら、もしかしたら杉花粉症の恐れがあるかもしれません。
毎日の折り目正しい暮らしの維持、暴飲暴食しないこと、適度な軽い体操など、アナログとも思える健康についての思いがお肌の老化防止にも関係するということです。
学校・幼稚園などの大規模な集団生活の中、花粉症の為にクラスの友達と一緒に思う存分身体を動かせないのは、子どもにとっても寂しい事でしょう。
吐血と喀血、いずれも口腔から血を吐くことに変わりはありませんが、喀血とはのどから肺を通っている気道(きどう)から出血することであり、吐血の方は無腸間膜小腸より上にある消化管からの出血のことを示しています。
チェルノブイリ原発の事故に関する数十年に及ぶ追跡調査の結果をみると、体の大きな成人よりも体の小さな子どものほうが広まった放射能の害をより受けやすいことを痛感します。
UV-Bは、UV-Aに比べると波長が短いという特性があるためオゾン層で一部分が吸収されるのですが、地表まで達したUV-B波は皮膚の表皮の内側で細胞のDNA(遺伝情報)を破損させたりして、肌に悪い影響をもたらすのです。
植物に存在する化学物質、フィトケミカル(phytochemical)のジャンルに入るスルフォラファンというブロッコリーに含まれる化学物質について、肝臓に存在している解毒酵素の順調な生成活動を支えているかもしれないという新たな真実が判明してきたのです。
HIV(ヒト免疫不全ウイルス)を有している血液や精液の他、母乳、腟分泌液などの様々な体液が、交渉相手等の粘膜や傷口などに接触した場合、感染するリスクが大きくなるのです。