日和見感染

もう歯の表面を覆っている骨を脆くさせるまでに放置してしまった歯周病は、原則炎症が落ち着いたとしても、失ったエナメル質が元の量に再建されるようなことはないのです。
AIDSとはヒト免疫不全ウイルスの感染が原因となって罹患するウイルス感染症のことであり、免疫不全を起こして些細なウイルスなどによる日和見感染やガンなどを発症してしまう病状のことを称します。
子どもの耳管の作りは、大人のそれに比べると幅があり長さがあまりなく、加えてほぼ水平になっているため、菌が入り込みやすくなっています。幼い子供が急性中耳炎に罹患しやすいのは、このためだと言われています。
ポリフェノールで最も有名な特徴は水溶性のL-アスコルビン酸や脂溶性のトコフェロール(ビタミンE)性質が異なり、細胞間の水溶性の部分、脂溶性部分、更に細胞膜でも抗酸化作用があるそうです。
グラスファイバー製ギプスは、ダメージに強くて重くないのに持ちが良く、水に濡れても壊れずに使えるという特長があるため、現在用いられるギプスの第一選択肢なのは間違いありません。
ビタミン欠乏症である脚気(かっけ)の症状は、主に手や脚が何も感じなくなったり下肢の浮腫などがよく訴えられ、病状が進むと、あろうことか呼吸困難に至る心不全も誘引することがあるそうです。
ライブの開催される場内や踊るためのクラブハウスなどに設置されているすごく大きなスピーカーのすぐ側で大音量を浴び続けて耳が聞こえにくくなる症状を「急性音響外傷(きゅうせいおんきょうがいしょう)」と言っています。
基礎代謝量(きそたいしゃりょう)というのは目が覚めている状態で生命を保っていく(心臓、口や鼻からの呼吸、腎機能、体温や筋緊張の維持等)ために必ず要る基礎的なエネルギー消費量のことを言います。
「体脂肪率(body fat percentage)」というのは、人の体の中の脂肪が占有する比率のことであって、「体脂肪率(body fat percentage、%)=体脂肪量(キロ)÷体重(キログラム)×100」という計算で求めることができます。
人間の耳の構造は、耳殻側から順番に「外耳」「中耳」「内耳」の3か所に分けることができますが、中耳の辺りに黴菌やウィルスなどがくっ付いて発赤等の炎症がみられたり、液体が溜まる病気を中耳炎と呼ぶのです。
必要な栄養を万遍なく含んだ食生活や適度な運動はもちろんのこと、全身の健康やビューティーを目的として、特に欲しい栄養を補うために色々な種類のサプリメントを服用する行為が標準になってきているのです。
道路交通事故や山での転落事故など、とても強い負荷が体にかかった場合は、複数の箇所に骨折がもたらされたり、骨が外に突き出る複雑骨折となったり、酷い場合は臓器が破裂してしまうこともよくあります。
まず間違いなく水虫といえば足をイメージし、特に足指の間にできる皮膚病だと考えられていますが、白癬菌がうつるのは足だけに留まらず、全身いたる所に感染する可能性があるので気を付けましょう。
痩せたいためにカロリー摂取を抑える、1日3食のうち1食を飛ばす、そうした食生活が結果として栄養をも不足させ、深刻な慢性の冷え性を誘発していることは、多くの医療関係者が問題視されているのです。
細菌の感染によって起こる急性中耳炎(きゅうせいちゅうじえん)とは、一番多い中耳炎で幼い子どもによく起こる病気です。激しい耳痛や熱、鼓膜の酷い腫れや炎症、膿が出てくる耳漏(耳だれ)などのいろいろな症状がみられます。