蛋白質

基礎代謝(きそたいしゃ)というのは人間が横臥位でじっとしていても使用してしまう熱量のことですが、大部分を身体中の骨格筋・一番大きな内臓である肝臓・頭部の脳が消費しているというのが今や常識となっています。
エネルギーとして速攻で役立つ糖分、新陳代謝に必須の蛋白質など、度の過ぎた痩身ではこんな活動を維持するために欠かすことのできない成分までも欠乏させる。
現在の病院の手術室には、お手洗いや器械室(apparatus room )、準備室を併設し、オペ中に患者を撮影できるX線装置を設けるか、近距離にレントゲン撮影のための専門室を用意しておくのが慣例である。
30才から39才までの間に更年期になったとすれば、医学用語では「早発閉経(early menopause)」という女性疾患を指します(日本の場合は40歳未満の女の人が閉経する症状を「早発閉経(POF)」と称しています)。
基礎代謝量(きそたいしゃりょう)というのは目が覚めている覚醒状態で命を維持していく(鼓動、鼻からの呼吸、腎臓の様々な機能、体温や筋肉の緊張のキープなど)のに要る基礎的なエネルギー消費量の事をこう呼ぶのです。
ヒトの耳の内部構造は、大まかに「外耳(がいじ)」「中耳(ちゅうじ)」「内耳(ないじ)」の3種類に区別されますが、中耳の近くに黴菌やウィルスがうつり、炎症が発症したり、液体が滞留する症状を中耳炎と称しているのです。
寝姿を見ることなどで、患者さんが猫のことを可愛らしいと感じるとオキトキシンが多く分泌されて、ストレスを和らげたり心の癒しなどに繋がっていくのです。
脂漏性皮膚炎(しろうせいひふえん)というのは皮脂の分泌異常が誘因で発病する湿疹で、分泌の異常の素因としてはステロイドホルモンの一種である生殖ホルモンの不均衡やナイアシンなどビタミンB群の不足などが考えられます。
「とにかく時間がない」「気を遣う色々な人間関係が嫌で仕方がない」「テクノロジーや情報の著しい進歩に追いつくのが大変だ」など、ストレスを受けやすい因子は一人一人異なります。
日光に当たると生成されるビタミンDは、カルシウムが体内に吸収されるのを補助する働きが知られていて、血液の中のカルシウム濃度を調節し、筋繊維の機能を適切に調節したり、骨を作ってくれます。
胸焼けが主訴の逆流性胃腸炎は、4〜5日服薬すれば、全般的に多くの患者さんの自覚症状は治まりますが、とはいえ食道粘膜の傷みや炎症が完全に引いたとは言い切れません。
胸痛を主訴とする狭心症の外科手術ではほとんどの病院で「大動脈内バルーンパンピング法(IABP)」と「大動脈冠動脈(かんどうみゃく)バイパス移植手術」の二者の施術が標準的に使用されています。
「体脂肪率(percent of body fat )」とは、人の体の中の脂肪の占有するパーセンテージであり、「体脂肪率(body fat percentage、percent of body fat)=体脂肪の量(キロ)÷体重(body weight、キロ)×100」という数式によって表すことができます。
メタボリックシンドロームであるとは診断されていなかったとしても、臓器に脂肪が溜まりやすいような悪い肥満症になってしまうことにより、深刻な生活習慣病を発症しやすくなります。
ジェネリック医薬品(generic drug)とは新薬の特許が失効した後に販売され、新薬と変わらない成分で経済的な自己負担が少なくて済む(金額の廉価な)後発医薬品のことで、近年浸透しつつあります。